山田ますお公式ホームページ

あなたと共に街づくり 川崎市議会議員(幸区)山田ますお

川崎市人口150万人突破する

平成29年4月24日現在で川崎市の人口は150万人を突破し、1,500,052人となりました。 川崎市は大正13年に人口約5万人でスタートし、政令市に移行した翌年の昭和48年に100万人 を超えました。 その後、昭和61年に110万人、平成5年に120万人、平成16年に130万人、平成21年に140 万人と人口増加が続き、この平成29年4月に150万人を突破しました。

▲要因
●140万人を超えた平成21年と比べ、市内全区で人口が増加
●全国で人口が減少する中、出生数が死亡数を上回る自然増加が続く
●平成9年以降、転入が転出を上回る社会増加が続く
●交通の利便性の良さなどから、20歳代を中心とした若い世代の流入が多い
●他政令指定都市と比較すると、人口は第7位、自然増加数は第1位

▲区別人口
川崎区 229,114人  幸区  165,033人  中原区 253,013人
高津区 230,280人  宮前区 229,098人    多摩区 216,365人
麻生区 177,149人    合 計 150,0052人

▲政令市比較
①横浜市 3,728,021人  ②大阪市 2,702,242人  ③名古屋市 2,306,083人
④札幌市 1,957,990人  ⑤福岡市 1,557,102人    ⑥神戸市 1,533,290人
⑦川崎市 1,500,052人  ⑧京都市 1,471,482人  ⑨さいたま市 1,277,637人
⑩ 広島市 1,197,179人  ⑪仙台市 1,084,627人  ⑫千葉市 973,183人
⑬北九州市 953,943人   ⑭堺 市 836,109人    ⑮新潟市 806,113人
⑯浜松市 796,329人    ⑰熊本市 739,471人   ⑱相模原市 721,099人
他都市は平成 29年3月1日現在の人口

川崎市総合計画第2期実施計画の策定に向けた将来人口推計について
                                                           発表日 平成29年(2017年)5月25日
▲推計結果の概要
●駅周辺を中心とした拠点開発の進捗と周辺地域への波及効果により、本 市の人口は、当面、引き続き増加傾向を示すことが想定される。
●本市の人口は、平成42(2030)年に158.7万人となりピークを迎え、以降、 自然減が社会増を上回るかたちで人口減少への転換が想定される。
●年少人口は平成42(2030)年の20.2万人、生産年齢人口は平成37(2025) 年の102.8万人がピークと想定される。
●老年人口も当面増加を続け、平成32(2020)年に超高齢社会が到来することが想定される。
●区別推計では、多摩区が最も早く人口のピークを迎え、最も遅いのは中原区と想定される。

▲人口のピーク
川崎市全体   2030年 158.7 万人
 川崎区     2030年 24.0 万人
幸区       2030年17.9 万人
中原区     2040年 29.6 万人
高津区     2035年 24.3 万人
宮前区     2035年 23.8 万人
多摩区     2020年 21.7 万人
麻生区     2030 年 18.3 万人

▲前回推計(H26)との比較
全市
●総人口のピーク時期は前回推計と同じ2030年で、推計値は 6.5 万人の増となっている。
●年少人口(0~14 歳)のピーク時期は前回推計よりも15年先の2030 年で、推計値は 1.1 万人の増となっている。
●生産年齢人口(15~64 歳)のピーク時期は前回推計と同じ2025年で、推計値は 2.6 万人の増となっている。
●老年人口(65 歳以上)は、比較できる最終年となる2060年では、前回推計のピーク時期の 2050年より0.5万人の増となっている。
●75歳以上の人口は、比較できる最終年となる2060年では、前回推計の2055年より0.7万人の増となっている。

カテゴリー:お知らせ, その他