山田ますお公式ホームページ

あなたと共に街づくり 川崎市議会議員(幸区)山田ますお

川崎駅北口西バス乗り場等のネーミングライツパートナーを決定  川崎市ホームページより引用

1 愛称

●北 口 西 バ ス 乗 り 場
「川崎駅ラゾーナ広場」
●北口通路(西側延伸部デッキ)
「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザデッキ」
2 概要
●パ ー ト ナ ー
三井不動産株式会社
●契 約 期 間
平成30年4月1日~平成35年3月31日まで(5年間)
●ネーミングライツ料
年額 500万円
●決定経緯
・平成29年12月1日~22日 公募期間
・30年 1月上旬  ネーミングライツ選定委員会による審査
・1月下旬 契約締結 
※本市における三井不動産株式会社(ラゾーナ川崎プラザ)の主な取組 
①防災
災害時の一時避難施設 及び防災備蓄品の提供
②交通
施設内歩行者通路の閉館 時間帯における開放
駐輪場の閉館時間帯にお ける開放
③イベント
行政イベント時のルーフ ァ広場の無償提供 
3 今後のスケジュール
平成30年2月17日
北口通路・北改札供用にあわせた先行使用の開始
デッキ内バナーフラッグや横断幕を使用した公共広報及びイメージアップ広告等の掲出
平成30年4月 1日~
本格実施    ・デッキ側面及びバス停留所への掲出 

4 ネーミングライツとは
公共施設等に名称を付与する権利(命名権)及びこれに付帯する諸権利等(パートナーメリット)をいいます。
この場合の愛称とは、一般的な呼称として用いられる名称をいい、市の条例等で定められている正式な施設名を変更するものではありません。
市民(利用者)、企業、市(行政)の間で、それぞれメリットがあるWin-Win-Winの関係構築とされています。
5 ネーミングライツパートナーの効果
ネーミングライツを取得した法人等を「ネーミングライツパートナー」と言います。
ネーミングライツパートナーは、市の施設等の愛称に企業名や商品ブランド名を付すことで、市が行う周知・広報活動、マス・メディアによる報道等を通じて多くの方々の目に触れることにより、宣伝効果が期待できます。
ネーミングライツ料は、市の施策の財源となり、さまざまな市民サービス向上策に使われますので、ネーミングライツパートナーとなることでCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)が高まります。また、ネーミングライツに併せて、その施設でのボランティア活動、NPO団体との協働を行うことにより、さらに大きな社会貢献も可能となります。 

カテゴリー:お知らせ, その他