山田ますお公式ホームページ

あなたと共に街づくり 川崎市議会議員(幸区)山田ますお

■ブロック塀の安全点検について            国土交通省HPより
■第一段階:外観に基づく点検
外観目視により、以下の事項に関し問題がないか確認
ブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。 まず外観でチェックし、ひとつでも不適合がある場合や分からないことがあれば、専門家に相談しましょう。
▼塀は高すぎないか ・塀の高さは地盤から2.2m以下か。
▼塀の厚さは十分か ・塀の厚さは10cm以上か。 (塀の高さが2m超2.2m以下 の場合は15cm以上)
▼控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合) ・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した 控え壁があるか。
▼基礎があるか ・コンクリートの基礎があるか。
▼塀は健全か ・塀に傾き、ひび割れはないか。
■第二段階:ブロック内部の診断
専門家に相談しましょう
▼塀に鉄筋は入っているか
塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも 80cm間隔 以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、 横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか
▼基礎の根入れ深さは30cm以上か。 (塀の高さが1.2m超の 場合)
■既存のブロック塀を撤去して生垣にする場合の助成制度    川崎市HPより
既存のブロック塀を撤去し生垣を新設する場合、撤去費用の2分の1(ただし1m当たり5,000円以内、延長100mまで)を助成します。
※申請書は着工前に提出し、助成決定を受けてから工事を実施してください。(着工後の申請は受付できません)
※ 緑化推進重点地区で生垣の新設置及びブロック塀を撤去し生垣にする場合は助成額を2割増して助成。また。地域緑化推進地区での場合は1割増しとします。



 

 
カテゴリー:お知らせ, その他